糾弾トップ 糾弾掲示板 マルチアンケート 何でもデータ 気まぐれ日記 私の主張 (投稿欄) この欄のトップ 前ページに戻る
閨 閥(けいばつ)糾弾 コラムのページ

閨 閥 (けいばつ)糾弾 コラムのページ

閨 閥(けいばつ)糾弾 コラムのページ
安倍晋三、麻生太郎に関する詳しい家系図はこちらをご覧下さい。
Page View Counter Since 2010 Feb 14
閨閥とは政界、財界、皇室などとの婚姻関係で結びつき、実力以上の力を持つ、血族関係の事です。 政治家、特に自民党の政治家を語る上で欠かせないのが閨閥の存在。 政界、財界、官界、果ては旧華族、皇族等と二重三重に結ばれた血のネットワークによって権力構造を形成、維持している。

ほんの一部を紹介しますと・・・

明治の元勲、大久保利通 の次男、牧野伸顕(のぶあき)は西園寺内閣の文部大臣となり、山本内閣で外務大臣となった政治家で、その娘 雪子 吉田茂 の妻。 吉田の娘の 和子 は麻生セメントの社長であり衆議院議員でもあった、麻生太賀吉 と結婚し、吉田のもう一人の娘の 桜子の夫は外交官の 吉田寛。 吉田寛は早世したために政治家にはならなかったが、吉田の母 さわ は、国民の反対を押し切って安保条約を締結した岸信介、造船疑獄を指揮権発動で逃げ切った佐藤栄作 の母 茂世 と姉妹である。
横二本線は結婚、横線は兄弟姉妹、縦線は親子
首相経験者が7人もいます。 吉田茂、岸信介、佐藤栄作、鈴木善幸、宮沢喜一、安部晋三、麻生太郎。
大久保利通=おおくぼとしみち=薩摩藩士、倒幕の指導者の一人、事実上明治政府の指導者、西南戦争後刺殺される。
牧野伸顕=のぶあき=大久保の次男、文相、農相、外相、内相、内大臣を歴任。
松岡洋右=ようすけ=政友会代議士、国連脱退の際の首席全権、満鉄総裁、近衛内閣の外相、A級戦犯として裁判中に病死。
吉田茂=外務官僚、46年自由党総裁、1948-1954首相、サンフランシスコ講和条約調印。
岸信介=1941年東条内閣で商工相、A級戦犯で逮捕され釈放。 56年石橋内閣で外相、石橋が病気で倒れ後任首相に就任、安保条約調印。
佐藤松介=岡山医専教授。
佐藤栄作=吉田政権で各省大臣を歴任、1964-1972首相、ノーベル賞受賞。
佐藤信二=衆議院議員。運輸相、通産相。
安倍寛=衆議院議員、安倍家は代々地主であり醤油醸造業、酒造業等、政治家としての評判は良い。 1894年-1946年
安倍晋太郎=衆議院議員、外相、幹事長。1924年-1991年
安倍寛信=三菱商事・中国支社長。
武見太郎=日本医師会会長、1957年から13期25年間君臨、日本の医療行政を捻じ曲げた張本人、200万票が麻生太郎を支える。1904年-1983年
鈴木善幸=大平首相の不信任案可決の後、急死したため棚ボタで首相になった、「私は総裁としての力量に欠けることを十分自覚している。」
鈴木俊一=衆議院議員
麻生太吉=福岡の大庄屋、麻生家は太吉の代に九州での大財閥になる、麻生商店創始者、衆議院議員。
麻生太郎=多賀吉の父、32歳で早世。
麻生太賀吉=吉田の次女和子と結婚後衆議院議員となり、吉田の側近となる。
吉田寛=外交官
麻生泰=麻生セメント社長
松岡昭雄=森永製菓・相談役
岸和夫=安倍晋三の実弟、岸家に養子、参議院議員
牛尾治朗=ウシオ電機社長、会長、経済同友会代表幹事。

麻生太賀吉 と妻 和子 の不出来で傲慢な息子が 麻生太郎 で、太郎の妻の 千賀子 は無知性が顔に出ている首相 鈴木善幸 の娘。 鈴木善幸のアホ息子が衆議院議員の 鈴木俊一で、妻 敦子 宮沢喜一 の母 こと の兄弟、堤平五の娘、つまり、喜一 の従兄弟。 宮沢喜一 の息子、裕夫 の妻 悦子 はブリヂストンの創業者 石橋正二郎 の娘 啓子 の娘、つまり孫。

繰り返しになるが、吉田茂の長女・桜子は外交官吉田寛と結婚し、吉田は元外相松岡洋右の甥であり、岸信介佐藤栄作兄弟とは従弟である。 吉田茂の3女・和子は九州財閥・麻生産業の麻生多賀吉と結婚。 麻生太郎自民党政調会長はその長男である。麻生太郎は元首相鈴木善幸の娘千賀子と結婚し、太郎の妹信子三笠の寛仁と結婚している。

石橋正二郎の弟、元日本ゴム会長の 石橋進一 の息子 慶一 の妻祥子 池田勇人 の三女。 また、石橋正二郎の娘の 安子 の夫は 鳩山一郎 の息子 威一郎 鳩山由紀夫 邦夫 の母。

佐藤栄作 の不出来な息子 信二 の妻は東京ガス社長職を世襲している 安西浩 の娘 和子。 安西浩 の弟 正夫 の妻 満江 は森コンツェルン創始者で、水俣病公害で悪名高い昭和電工社長の 森矗昶(もりのぶてる)の娘で、 満江 の姉妹の 睦子 三木武夫 の妻。

ウシオ電機会長で前経済同友会代表幹事の 牛尾治朗  の娘 幸子 安倍晋三 の兄、寛信 の妻 。 安倍晋三 晋太郎 の次男で妻の 昭恵 は森永製菓相談役 松崎昭雄 の娘。

ヒゲの殿下として有名な 三笠宮寛仁(ともひと)親王の妃、信子 吉田茂 の娘 和子 の娘で 麻生太郎 の兄弟。

安倍晋三 の実弟であり、参議院に当選した 岸信夫 は、岸信介 の息子 信和 の養子。 この家族、佐藤、岸、安倍は親戚と言う事である。

閨閥ではないが、冗談で首相になってしまった日本新党の 細川護煕 は、五摂家筆頭の家柄 近衛篤麿 の長男で貴族院議長、首相を務めた 近衛文麿 の娘、温子 の息子。 細川護煕 の兄弟の 近衛忠煇 の妻は 三笠宮寛仁 親王の兄弟である 甯子 である。

まだまだ有るんでしょうが、細かくたどりますと、際限なく広がっていきます。 随分と入り組んでいるものです。

こうなるとブスだろうが、無能だろうが関係なくある程度の結婚、地位までは自動的に行ける訳です。 なんと幸せな事でしょう。 このような家系に生まれると言う事は、背中に金庫を背負って生まれてくるようなものです。 

閨閥は何処の国にもある、当たり前の現象ですが、これほど政治家が多いのは日本特有のことです。

ついでに一言、田中角栄は、小学校卒で学閥も閨閥もなく、まさに孤軍奮闘し、エリート政治家の反対にあいながら首相にまで上り詰めた。 日本の政治史上これほど特異な例は他にありません。 政治七不思議のひとつに加えたいものです。

おしまい


気ままコラム

警察官になるための資質

男の三欲を考える

危険視されている回転ドア

医者と医療のこと

男が女に思う事

日の丸 君が代

性教育

児童の性教育と出産

SEXを楽しむ前に知っておく事

性教育はいつからはじめるのだろう

閨閥 (けいばつ)

おフランスの事

エールフランス

偽者社会 日本

アメリカの言論統制

政治家と乞食

上司が謝る意味

タバコが気持ちよく吸えない

肺がん死とタバコは無関係

妾から連想した思い出

食べる話

鯨を殺していけない理由

日本人のいじめ体質

宗教について

法律は一般常識の明文化

アメリカと戦争

人身売買

西武の堤康次郎のこと

皇室と王室の違い

東京大空襲

竹島の事

差別用語

差別用語リスト

橋田さんの事

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

   イラクのけが人の写真

JRの事故のマンション

靖国神社

50才になったら

天職と言う事

音響技術の進歩

一握の砂

eDonkey のセットアップ

emule.htmのセットアップ

ジェットストリーム

ナレーション集

サンタ クロースの事

聖バレンタインの日

映画 CASABLANCA

歴史に残る名作映画ベスト250

荒城の月

不思議な算数

おかしな図形

JR宝塚線の事故

糾弾の趣旨と提言

糾弾掲示板

国民の声・掲示板

検察庁に根ざす腐敗(1)

検察庁に根ざす腐敗(2)

検察の公金横領者リスト

西松事件の真相

西松建設の裏金問題

検察の底割れしている捜査

検察強制捜査への疑問

4億円不記載とは一体何

検察リークに踊らされるメディア

卑怯者・卑劣で悪辣な検事

検察審査会の議決の要旨

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

姑息な卑怯者 民野健治検事

野中広務が暴露した官房機密費

野中広務・官房機密費の記事

官房機密費の実態

官房機密費メディア汚染

自民党の秘密組織 『三宝会』

歴代の内閣官房長官

警察の不正を糾弾する

警察から金を取り上げよう

殺人天国日本

記者クラブを廃止

国会議員の給料

政党助成金

政党助成金リスト

選挙制度改革

理想とする選挙形態

首相公選制

石井紘基は何故殺されたか

怒りの電話番号

世襲議員の撲滅

世襲議員リスト

安倍晋三の事

選挙での自民党の不正

常識的な政治の克服

最高裁判事の給料

各省庁の官僚の天下り

大蔵疑惑

官僚の腐敗

番外 大人の紙芝居

NHK廃止論

NHK受信料不払い記事

財団法人-日本交通公社

道路公団の民営化

郵政事業と道路建設

日本航空という不可解な会社

日本航空 運賃比較

族議員と利権構造

自民党の資金の流れ

参議院の責任

最近の政治事情

小泉無責任総理の事

小泉君のSEXライフ

小泉君の選挙違反

常識的な政治の克服

国賊 野上義二

小泉が闇に葬った外務省疑惑

在外高官がODAを貪る

クロネコヤマトと郵政民営化

チャルマーズ・ジョンソンの沖縄論

チャルマーズ・ジョンソンの普天間論

日本国憲法全文

国政選挙の供託金

社会保険庁の高額報酬

前ページに戻る


糾弾掲示板にご意見をお書きください。

このサイトは 1280 x 1024 で作成してます。 他の画面サイズでは多少みにくい部分があるかもしれません。
サイト内のどのページでもコピーして、ご利用いただく事は自由です。 連絡不要。